東京葬祭の感染予防への取り組み

お別れは安心安全な式場から

各斎場での感染症対策への取組み

新型コロナ対策実施中でのお願い

  • ・ 来館者様にはマスク着用をお願い致しております。
  • ・ 通夜葬儀の式中でも、ご遺族ご親族の皆様やご弔問のお客様に、マスクの着用をお勧めしております。
  • ・ 葬儀式場にはアルコール消毒液を配置し、来館者様へのアルコール消毒へのご協力と、任意で検温をお願いしております。
  • ・ お通夜や葬儀・告別式のお時間を長めにとり、時差参列をお願いしております。
  • ・ 葬儀式場の入口や窓を開けた状態にし、空気の換気循環を実施しております。
  • ・ ご家族様、並びに会葬者様の感染予防のため、座席は一定の間隔を設ております。
式場の受付台にはアクリル板を設置、一般葬向けのホールを広びろと使い三密をさけます。

式場の受付台にはアクリル板を設置、一般葬向けのホールを広びろと使い三密をさけます。

入口にはアルコール消毒液とサーマルカメラによる体温測定機を設置、ご会葬者様にはご協力をお願いしております。

入口にはアルコール消毒液とサーマルカメラによる体温測定機を設置、ご会葬者様にはご協力をお願いしております。

飲食時のアクリルボード設置、飛沫感染のリスクを回避するために対面の方との間にアクリルボードを設置します。

飲食時のアクリルボード設置、飛沫感染のリスクを回避するために対面の方との間にアクリルボードを設置します。

常に式場の換気を行い、会葬者のお待ちになるスペースではテーブル広めに設置する等、配慮しております。

常に式場の換気を行い、会葬者のお待ちになるスペースではテーブル広めに設置する等、配慮しております。

「きちんとお別れしたい」に万全の体制で応えます

悔いのないお別れのため、東京葬祭の感染対策への取り組み

基本は、衛生環境を整えるという事、東京葬祭の自社式場においては空間除菌と清掃を徹底しており、特に多くの方の手に触れ るドアノブや階段等の手すりは、一日数回にわたり消毒を実施しております。 密室にしない、密集しない、密接にならないという三密対応は、定期的な換気に加えて通夜、葬儀告別式それぞれの開式前の換 気を厳守。式場内の待合、着席、整列などには大きく間隔をあけてのご誘導を実施しております。そして密接に至らない事が第 一ですが、打合せやご誘導などを承る係り員は全員がマスクの着用に加え、携行除菌剤を首から下げて対応をさせていただいて おります。

最後のお別れをきちんと整えたいという、ご遺族の思いを大切にするお手伝いこそが私たち葬儀社の役割を改めて大切にし、 ご葬儀をお手伝いさせて頂きます。

葬儀専門43年・年間3,500件の実績、首都圏の葬儀・お葬式・家族葬ならお任せください

お問い合わせ・資料請求はこちらから