東京葬祭スタッフ紹介

故人様とのお別れを安心してゆっくり過ごしていただきたい。

東京葬祭 湯灌部

玉置 輝紀

湯灌部の玉置輝紀さん。
葬儀における心がけと印象に残った葬儀をお聞きしました。

「葬儀」という仕事で心がけしていること。
私が湯灌業務で心がけているのは、故人様とのお別れをご家族の方が安心してゆっくり行う時間のご提供となります。ご家族の中には、大切な方を亡くしたショックと悲しみで、お別れの時に戸惑ってしまわれたり、お身体に触れられたり、声をかけたりされる事を拒まれる事もあります。
現実を受け止めきれないのかもしれません。そんな時はご家族の思い出話に耳を傾け、優しく声を掛け、無理の無い範囲でお別れをして頂く様にしております。
悲しい事ですが、この時間が最後のお別れとなってしまうのですから、ご家族の皆様には出来るだけ後悔をして頂きたくありませんので、対応させて頂くご家族に合わせた大切なお別れのひとときとなります様、全力でお手伝いさせていただいております。


印象に残った葬儀。
ご自宅にてのご葬儀でした。おじいちゃんがお亡くなりになり喪主が奥様で総勢15名様くらいの無宗教葬。ご長女様の発案でお祭り好きたった父のために民謡のカセットを流したり、あまり見慣れない南国のお花を飾ったり、たくさんの絵や写真を飾ったり・・・そして誰よりも可愛がっておられた3名のお孫様のお別れの作文の発表会、まるでホームパーティーのようでした。そして出棺前のお別れの際に、皆様が音に合わせてお棺のまわりをぐるぐると盆踊りを踊られ、笑顔と涙でいっぱいでした。

あらためて、葬儀という仕事に向き合う。

東京葬祭 第2儀式部 課長補佐

浅井 文太

葬儀プランナーの浅井 文太さん。
葬祭業を全くの未経験から飛び込んでこられた浅井さんは、今年で4年目ということでした。

社内の職場移動などもあり約1年、葬儀の担当者から離れたじきもあり、改めてここ一年に葬儀という仕事に向き合う機会になり、担当者の使命や取り組むことの意味を感じることが出来たといわれます。

若いころにはやんちゃな頃もあったといわれますが、職場の中では、最近ぐっと優しさを増してきたのではないかと噂をお聞きします。お休みの日には最近購入されたマイカーで、気軽にドライブを楽しんでいるようです。一人の時間をあえて作るということで、OFFの切り替えも積極的にコントロールしているのでしょう。
現在の浅井さんのデスクは、20代の若手社員に囲まれた環境ということで、ONタイムでは彼らの成長にも積極的にかかわってゆきたいといわれる浅井さんでした 。